日に焼けるまではFANZAにない?ブッコミとFANZAは何が違うの?

この記事では、ブッコミとFANZAで販売されている日に焼けるまでに違いはあるのか具体的にお伝えしていきます。

結論から先にお話しすると、ブッコミとFANZAの違いは以下の2つです。

  • 値段が違う
  • モザイクの濃さが違う

少しでも安いところで購入するならブッコミがいいですし、モザイクの薄い漫画が欲しい場合はFANZAがおすすめです。

ブッコミとFANZAの日に焼けるまでは値段が違う

ブッコミとFANZAでは、日に焼けるまでの値段が違います

ブッコミ1話・86円

FANZA一巻・972円

日に焼けるまでは全8話なので、ブッコミで全話揃えた場合は688円になります。

FANZAの値段は全8話が入って972円なので、ブッコミよりも少し高い金額です。

ブッコミは1話買い切りなので、1話だけ見て面白くないと思ったら続きを買わなくて済みます

つまり失敗する可能性が低いのが良いところですね。

ブッコミとFANZAではモザイクの濃さが違う

値段の他にもう一つ違うのが、ブッコミとFANZAではモザイクのコサが違います。

ブッコミの方は、チンコやマンコ全体に白いぼかしが入っていて

 

FANZAの方は、チンコやマンコに薄いモザイクが入っています

 

見比べてみると一目瞭然ですが、FANZAの方がより形がよくわかるのでリアリティがあります。

まとめ

ここまでお伝えしたことをまとめると、ブッコミとFANZAでは以下の2つが違います。

  • 値段
  • モザイクの濃さ

お得な方を購入するなら、ブッコミの方が安いのでおすすめです。

およそ300円ほど違います。コンビニなら缶コーヒー3本文です

反対に、薄いモザイクのエロ漫画をみたい場合はFANZAがおすすめ

FANZAの方がモザイクが薄いので、よりリアルなマンコやエッチなシーンを楽しむことができます。

 

以上が、ブッコミとFANZAの日に焼けるまでの違いでした。

>>日に焼けるまで1話の詳しいネタバレはこちら